読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NGM+その他の欲望

Nightcap Gamer's Memopad, そしてその他諸々についてのサムシング。

Musical Baton



 id:queergodさんからのバトンが来ましたのでお答えします(しかしこの2、3日ですごい広がり方だね)。
 あー、とは言ったものの、音楽を聴く習慣がぜんぜんないんだよね。もちろん音楽自体はごく一般的に好きなんだけど、例えば何か作業をしているときに常に後ろで流しているとか、外に出歩くときに必ず何かを聴いているとか、そういうのがぜんぜんない。「よし、今日は久しぶりに音楽でも聴くか」ぐらいの意気込みで食事時などに流す、っていうのが僕の音楽に対する接し方なので、月に音楽を聴いている時間はたぶん8時間くらい。なのであまりたいしたことは書けない。
 まあ御託はいいや。答えていこう。

  • Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

 約3.5GBほど。5年ほど前から家にはゲーム機とパソコンのドライブ以外にCDを再生する機器がなく、今まで買ったCDはほぼすべてMP3にした。PowerMacG4Cubeがジュークボックス専用マシンとして稼働中。

  • Song playing right now (今聞いている曲)

 「まさに今」っていうことであれば何も聴いていない(終電逃して会社だし)。キーボードを打つ音とPCのファンの音が聞こえます。

  • The last CD I bought (最後に買った CD)

 YMCK『FAMILY MUSIC』、もしくは、サンボマスター『新しき日本語ロックの道と光』。どっちか。今年の頭くらいだったかな。

  • Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

 ……これはすごい難しい質問だ。僕はアルバムのタイトルくらいは覚えているけど、曲名はほとんど覚えない。それでも昔は「●●の×曲目」くらいは覚えていたけど、iTunesで聴くようになってからはシャッフルしているのでそれもわからない。なので以下はかなりテキトー。

ポール・ウィリアムス『ファントム・オブ・パラダイス』サントラ
 今まで生きてきた中で最もたくさん聴いたのはこのアルバムかオリジナル・ラヴ『結晶』のどちらかなんだけど、今でも聴くのはこっち。これはシャッフルせずにちゃんと最初から最後まで通して聴く(サントラだから当然か)。たぶん全曲歌えると思う。ポール・ウィリアムスでは他に『ダウンタウン物語』のサントラと、あと映画音楽ではないソロアルバム、ロジャー・ニコルズとの共作などどれも好きだ。こういうメロディの曲が好きなのかな。

CoCo「EQUALロマンス」
 生まれて初めて買ったシングルCD(のカップリングの曲)。小五の頃だったかな。ちなみに生まれて初めて買ったオーディオテープはニチブツアーケードゲームのサントラ(小三?)。CDアルバムはZガンダムの劇中BGMをぜんぶ収録したやつ(小四?)。なので、たぶん生まれて初めて買ったアーティストのCDでもあったはずだ。『らんま1/2』のエンディングテーマになってたやつね。「EQUAL」っていう単語が読めなくて「エグゼドロマンス」だとずっと思ってた。当時の小坊が知ってるEで始まる英単語なんて『エグゼドエグゼス』ぐらいしかないんだからしょうがない。アイドル歌謡は好きです。

Pretty Chatの「A! B! C! D! E! F! G! H! I! らーびゅーぅー」って始まる曲
 前田愛とか浜丘麻矢とか、97年頃に人気のあったチャイドルが集まって出したCD。あまり詳しくは覚えていないんだけど、大学の学生自治組織に出入りしていた頃、たまたまその事務局の前を通りかかったら爆音で流れてきて一発で痺れた。棒読みであまったるい少女ボーカルに異様にかっちょいいギターが乗せてあって麻薬的な魅力がある(と個人的には思います! よくわかんないけど)。それを流してた後輩に頼んで、その後も何度か部室棟全体に響きわたるような爆音で流してもらった。「わちゃがなーどぅーー」とか棒読みで唄うところ最高。

シャルロット・ゲンズブールがエクレアがどうとか唄ってる曲
 雷のほうだと思うが。セルジュ・ゲンズブールがプロデュースしたシャルロットのアルバムの最後から3曲目くらいに入ってる曲。最後のエロいサックスが最高。雨の降る明け方などにたまに聴く。シャルロットが主演している『シャルロット・フォー・エヴァー』っていう最高に暗くてつまらなくて変態的なアイドル映画があるんですが(いや、すべての良いアイドル映画はどこか変態的だ!)、これはその映画と同じタイトルのアルバムだった(サントラではない)。このアルバムでは「レモンの近親相姦」っていう曲を実の父娘でデュエットしてて、フランスの変態さんはほんとうにすごいなあと思った高二の俺。

みんなで合唱した「インターナショナル」
 まあいろいろあった大学祭の最終日、すべて終わって明け方に、広場に設営した本部受付前で朝日を浴びながらいろんなサークルの人たちと合唱した。正直言って酔っててあまり詳しくは覚えていないんだけど、確か30〜40人くらいで合唱したんじゃなかったか、踊りながら。ノンポリ民青革マルも右翼も大学職員も、あの瞬間はみんな仲良かったよ(たぶん)。えーと、よく覚えてないのでテキトーに書いてますが。

 以上5曲。なんだかんだ言ってダラダラ長く書いてしまった。

  • Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

 最初に書いたように音楽を聴く習慣がなく、音楽系のサイトもまったく見ないので、渡したい人はいない。だからこのバトンは俺の代で終わらせてやる! フハハハハハハ!