NGM+その他の欲望

Nightcap Gamer's Memopad, そしてその他諸々についてのサムシング。

『ザ・ベイ』 モキュメンタリーホラーとしては佳作なんだけど……。



『Evidence』を見た、その他POVモキュメンタリーもので見たいやつ


ここで言及している当時日本未公開だった映画のうち、『クロニクル』は期間限定ながらも昨年後半に劇場公開され、見た人の評判も上々だったようだ。俺も見に行ったけど、とてもセンシティブな青春映画だったよ。POVスタイルであるというのが、主人公の少年の本質的な孤独感をこれ以上ないほど表していた。
さて、もう一本、最後に紹介していた『ザ・ベイ』が、「カリコレ2014」という新宿シネマカリテの特集上映で、ちょっと変則的な形ではあるけれど劇場公開された。というわけで見に行ったよ。



あらすじを書いておくと、こんな感じ。

アメリカ・メリーランド州チェサピーク湾に面した海辺の町クラリッジ。大学でジャーナリズムを専攻するドナ(ケサー・ドナヒュー)は、独立記念日を祝うカーニバルで賑わう町を取材している。ストックマン市長(フランク・ディール)は海水濾過施設とそれを利用した鶏の飼育工場が自慢で、豊かな水資源こそが町の原動力だと演説。だが、その「水」に触れた町の人々に、突如として謎の疫病が発症する。全身の発疹、短時間で壊死する四肢、ズタズタに破壊される内臓……いったいこの町で何が起こっているのか!
パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』シリーズの制作者×名匠バリー・レビンソンという異色のタッグで送る、ファウンド・フッテージタイプのモキュメンタリー・パニックホラー。


ファウンド・フッテージっていうのは、なんかすごい事件があった後に発見されたフィルムやビデオを再構成して映画にしました、っていうテイの構成のこと。今作は、海辺の町クラリッジが災厄に見舞われてから数年後、事件当時のホームビデオや防犯カメラ、Skypeビデオチャット等々の「映像資料」を編集し、ビデオジャーナリスト見習いとして取材中にたまたま事件に巻き込まれ生き残ったドナが、その映像を見ながら当時を述懐するナレーションを入れる、という構成になっている。すでに大ベテランの域にあるバリー・レビンソンが、この「最近の低予算ホラーで流行りのスタイル」を完全に我が物とし、かつベテランらしくうまいことまとめあげた佳品、というのが感想だ。カッティングエッジなとこはないけれど、安心して楽しめる。いや内容的には「安心」と言ってしまうとあまり褒めてないことになるんだが。だがまあ、そんな感じ。

ところで本作は2012年制作の作品なんだが、日本で公開されるまで時間が空いてしまった。で、その時間のずれによって、思わぬ弊害(?)が出てる部分があるんだよね。一応、映画の核心に触れる部分なので(実際のところ知ってて見ても楽しめるとは思うが)、畳んでおきますね。








海辺の町が謎の奇病で崩壊する、という話なのだが、この奇病の原因がウィルス……とややミスリードさせておいて、実は海洋汚染の影響で奇形巨大化した“タイノエ”が人間にも寄生してました! という真相。タイノエ(鯛の餌)というのはワラジムシとかフナムシに近い種の生物で、鯛などの魚の口内やエラに寄生して血を吸うやつら。特に口内に寄生しているやつは、開いた魚の口から大きな白いワラジムシみたいのが顔を覗かせているインパクト抜群の写真がネットにいっぱいUPされているから知らない人は検索してみよう。

で、町の医師からの報告を受けたCDC(アメリカ疾病予防管理センター)の職員が、この奇形巨大化したタイノエが原因だという真相に気づくわけですが、そこで職員がGoogle画像検索で見ているのがダイオウグソクムシの写真なんですね。200X年には米海軍原子力潜水艦のタービン付近で巨大化したタイノエ(台詞では学名で呼んでたと思いますが)が見つかった……もしかしたらこの町の海でも……というノリで。あえて、せいぜい体長数cmのタイノエと50cmにもなるダイオウグソクムシという違う生物を混同させているんですね。

いやね、ダイオウグソクムシとタイノエはどちらも等脚目ということで近い種ではある。どっちもワラジムシを白くしてずんぐりさせたようなフォルムで見た目的にも似てるし。そもそもパニックホラー映画で、こういった種類のいい加減さ・テキトーさでもって煽るという手法自体はよくあるわけだし、それを否定したいわけじゃない。

だが不幸にも、2014年の日本に生きる我々は、昨年後半くらいからダイオウグソクムシのことをニュースでよく見て知っているわけじゃないですか。あいつらはエサをぜんぜん食べなくても長いこと生きていられる生物だって知ってるし、デカいナリして水槽の底でじっとしている様がイメージに焼き付いてるし、最近じゃあキャラクター商品も出てきた。だからここでダイオウグソクムシがばーんと画面に登場すると、うーん、ダイオウグソクムシなら別に恐くないんじゃね? まあ見た目は気持ち悪いけど、小食なわけだし……と、若干冷めてしまうわけですね。

2012年制作の本作、間を置かずに日本でも公開されていればこういった種類の微妙な感想を抱く人もそんなに多くなかったと思うのだけど、残念ながら劇場では若干の失笑ムードがありました。シネマカリテもそこらへんを読んで、劇場ロビーの水槽でオオグソクムシを特別展示してました(ダイオウグソクムシよりかは小さいけど、それでも10センチ以上はある)。一応ネタバレ配慮のため、『ザ・ベイ』関連だとは一言も触れず、同時期に同館で公開されていた『グランド・ブダペスト・ホテル』のPOPと共に展示する、というミスリード(?)を行ってましたが、『ザ・ベイ』鑑賞後にロビーに出るとオオグソクムシ、というのはなかなかほっこりするものがあって良かった。いやいいのか。まあでも作品自体は悪くないよ。

ザ・ベイ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

ザ・ベイ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

ダイオウグソクムシ iPhoneケース 1号たん (通常)

ダイオウグソクムシ iPhoneケース 1号たん (通常)

深海生物シリーズダイオウグソクムシ ぬいぐるみ特大 グレー 7317

深海生物シリーズダイオウグソクムシ ぬいぐるみ特大 グレー 7317