読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NGM+その他の欲望

Nightcap Gamer's Memopad, そしてその他諸々についてのサムシング。

ドラマ『スペシャリスト』の組織内秘密組織



俺自身は別にぜんぜんファンだとは思っていなかったんだけど、今回のSMAP解散騒動→謝罪会見の流れに想像以上にダメージを受けている自分がいて、「アイドル」と「社会」の関係に思いを馳せる昨今。いろいろ考えてたらなんかしばらく気分が沈んでしまった。

 

さて、そんなSMAPの草彅君が主演のテレ朝ドラマ『スペシャリスト』。もともと2時間特番みたいので何回かやってたシリーズを今季から連ドラ化、という『相棒』パターンだ。草彅君演じる主人公は警察の警務課職員だったが無実の罪で10年間服役。その間に囚人仲間たちとの会話からありとあらゆる犯罪の技術や犯罪者の心理を学び取り、冤罪が明らかになって釈放されてからはその特異な知識に目を付けた上層部の異例の抜擢により刑事として復職する、という設定。ここ6、7年くらい洋ドラで流行っている、特殊な知識を持った人が警察のコンサルをするという一話完結式ミステリードラマの影響下にある設定だと思われる。一話完結式のミステリだが、かつて草彅君を冤罪の罠に嵌めた警察内部の秘密組織を追うというのが横軸になってるらしい。

 

f:id:msrkb:20160218132025p:plain

 

というわけで、特番時代のほうはぜんぜん知らなくて、今回の連ドラ化の宣伝として総集編みたいなので放映されたのをざっと見ただけで第一話を見た。ミステリードラマとしてはまあそこそこといったところだけど、草彅くんのふにゃーとしつつ虚無感のある芝居はわりと好きなのでたぶんこれからも見ると思う。こういうのは結局、探偵役のキャラクター次第だ。

 

で、ちょっと感心したというか「おっ」と思ったのは、件の警察内部の秘密組織の名前とされるのが〈我々〉だということ。情報提供者(まあ殺される)が死ぬ直前に「お前は、〈我々〉に近づきすぎた……」とか言うの。ここらへんのエピソードは特番時代から小出しにされてたらしく、レギュラー放送の第1回ではフラッシュバックでちらっと出てきただけなんだけど、つまりあれだ、情報提供者の言ってた「我々」ってのが単なる一人称複数のことだと思って見過ごしていたら、実は〈我々〉っていう名前の組織が存在するっぽい……! と気づくという、そういうツイストだね。

これね、こう、けっこうアガるものがある。いあや冷静に考えたらなんだその組織名は、って話なんだが。やっぱ警察とか軍隊みたいな巨大組織内に存在して陰謀をめぐらせる秘密組織っていうのはアガるものがあるし、その組織の名前とか仲間内での符丁もちょっと気の利いたやつにしたいじゃないですか。この〈我々〉ってのは、マンガチックではあるけどなかなかの捻り具合でいいなと思いました。

 

その他、最近見たもの読んだものの中でグッときた組織内秘密組織といえば、まあネタバレになるのであんまり具体的には書けないけど、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のアレとかね。いや、アレが出てくるのは意外でもなんでもないんだろうけど、そこへ持って行くまでの段取り、タメのうまさとかね。マーベル・シネマティック・ユニバース繋がりでいえばスピンオフのドラマシリーズ『エージェント・オブ・シールド』第一シーズンでのアレの描き方も良かった。組織内秘密組織が出てくると疑心暗鬼展開になるのは常道ですが(あいつはもしかして秘密組織の一員なんじゃないか……的な)、このドラマでのその展開のさせ方はけっこう驚いたな。あとは、『スペシャリスト』もたぶん参照元にしているであろうとある洋ドラミステリーシリーズに出てくる組織内秘密組織*1。メンバー内でもその組織の決まった名前はなく、ウィリアム・ブレイクの詩から引用した「虎よ、虎よ」というフレーズを合言葉として使うので、暫定的に「ブレイク結社」と呼ばれている……という設定で、いやーやっぱ合言葉にウィリアム・ブレイクってのは憧れがあるよねー! と思いました。俺も組織内秘密組織に入りたい!

*1:これは長いこと引っ張ったネタなので念のためタイトルも秘す