NGM+その他の欲望

日々のサムシングについてのスクラップブック。

GMOコインのラジオCMの虚無っぷりはちょっと気になる

https://www.youtube.com/watch?v=oVo2ZIIQAhk より

 

最近TBSラジオあたりを聴いてるとよく流れるGMOコインのラジオCMがすごい。同社の今流れてるテレビCMから音声だけを抜き出してるのだが、「ジージージーエムオー、ジーエムオー、コイン!(フッフッフー!)」「スギちゃんだぜぇー、ワイルドだろぉ?」という会社に関しても提供サービスについても何も説明していない音声が流れ、後は暗号資産取引の注意事項に関するアナウンスが流れるだけ。注意事項部分がCM全体の半分くらいの尺を取っているので、本当に情報量が少ない。

ちなみにテレビCMはこんな感じ。映像のノリと勢いだけで見せる中毒性狙いのイメージCM的なものでそもそも具体的な情報量は少ないのだが、ここから音声だけを抜き出すとほとんど何も残らない。ついでに言えば、契約の関係か抜き出されてるのはスギちゃんだけでアンジェラ芽衣は省略されているので、掛け合いにもなっていない。

 

 

注意事項部分はたぶん何かの自主ガイドラインとか経産省通達とかで必ず広告内で告知しないといけない情報なのだろうが(薬のCMのように)、テレビCMだと最後にテキストずらずら流した画面一枚挟めばいいところをラジオCMだと音声なのでそうはいかず、読み上げるぶんの尺を確保しないといけない。そのためPRに割ける時間が少ししか残らず、ラジオ用の独自音声素材もないので結果として虚無のCMになった、みたいな感じだろうか。よくわかんないけど。

だがその虚無っぺえ感じ(と音声それ自体としては無闇矢鱈と景気がいい感じ)が暗号資産ビジネスそのものに漂う虚無いイキフンへの意図せざる批評性を帯びてしまっているようにも思えるのだ。思えるのだーダッダッダン。そういえば一昨年あたりに同じくラジオで流れまくっていたオッズパークのCMでも似たような感想を持った。

 

 

こっちも構造としてはGMOコインと同じだ。テレビCMは「妙にクセになる」狙いのサービス名連呼刷り込み型の作りで、ラジオCMはその素材から抜き出した音で再構成したもの。ただし、GMOコインとは違って注意事項読み上げみたいのはないから、内容と尺はテレビとラジオでほぼ変わらない。

で、このCM、テレビで(つまり映像で)見るとそこまでは気にならないんだけど、ほぼ同じ内容のはずのラジオCM版を聴くと、安っぽく狂騒的なパーティ感にクラックラするのだった。オーッズオッズオッズ…という女性複数のコールが、バニラの街宣カーのような倫理観低めのプレジャーバイブスを意図せず生み出してしまっているようで味わい深かった。

 

まあそれはそれとして、こんな虚無っぽいラジオCMで大丈夫なのかと問われれば、このCMとは別にGMOコインはラジオ番組へのペイドパブ(番組内の1コーナーだけスポンサードして暗号通貨関係の話題を取り扱ってもらったり、のような)もやっているようなので、それとセットでということなんだろう。

ラジオリスナーってわりと、番組単位で聴くというより同じ局を流しっぱなしにしてることが多いので(お店や職場などで流す場合は特に)、どっかの番組でペイドパブやって違う時間帯のスポットで社名/サービス連呼のCMやって……という感じでもそれなりに連動効果はあるということなのかもしれない。よく知らんけど。